もくの日暮らし

東京の片隅に住む、子なし専業主婦の日々を綴ります。

セクハラと、何故嫌だったのかを考える。

合気道をやってます、子なし専業主婦のもくです。

 

先日、合気道の稽古後に飲み会があったのですが、飲み会の終盤でセクハラを受けました。

 

相手は58歳男性。いつも稽古で指導してくださり、お世話になっている関係性です。

 

頭をポンポン撫でられたり、冗談で「二人でご飯行く?」「こんなこと言ってたら旦那さんに怒られるね」などと言われたりしました。

 

私はその場で反応できず、数十分後にとても嫌だったことに気づき、その後ずっと頭からそのことが離れず、怒りと嫌悪と後悔で苦しい状態が続いています。

 

その人は、普段からセクハラに対する意識の低さが目立っていたのですが、いちいち反応していたらこちらが疲弊するので、流していました。

 

しかし、今回は嫌だったと伝えなければと思い、どう伝えるか悩んでいます。

 

今後とも合気道の稽古は楽しくやっていきたいので、悩みます。

 

はあ、なんでこんなに苦しまなくちゃいけないんだろう。

 

時と場合と相手との関係性によってはこんなに思い詰めないケースもあると思うのですが、今回は嫌でしたね。

 

ちなみに、即座に反応して、嫌だと伝えられなかったのは、自己肯定感や自尊心が低いのが原因だそう。

自分の感覚に自信がなく、相手の感情を優先してしまうことで、咄嗟に反応ができないんだそうです。当てはまるなあ…。

 

⭐︎

 

私は支配系毒親に抑圧されて育ちました。

喜怒哀楽の楽以外の感情を強く制限されて成長したせいか、いまだに、感情を出すのが苦手です。

特に、負の感情、怒り、哀しみ、恐れなどは、顔や態度に出すと、親からより酷いことをされるという体験を繰り返し経験したことで、本能的に出せないようになっています。

私はいつもニコニコしています。そうしないと、危険に晒されたので、癖になってしまっているみたい。

常に親の顔色を伺い、一挙手一投足、呼吸に至るまで、神経を尖らせる日々。なんで私は生まれたんだろう?消えてしまいたいなって毎日思っていました。

 

⭐︎

 

そういう態度が今回、相手を付け上がらせる一因になったのかもしれません。

 

一人で悩み過ぎて、日常生活にも支障が出てきたので、まずは、信頼できる合気道仲間の女性に相談してみようと思います。

 

追記:

上記の合気道仲間の女性には、気持ちが分かってもらえませんでした。

あと、何故そんなにも頭を撫でられるのが嫌だったのか、やっと言語化できたので書き留めておきます。

・見下されている感じが嫌だった

・女だとみくびられているのが嫌だった

・尊厳を踏み躙られた感じがして嫌だった

この三つです。

自分は、ただ単にセクハラが気持ち悪かっただけではなく、こういう事も感じていたようです。

習慣

子なし専業主婦のもくです。

 

今回は今週のお題

「習慣にしたいこと・していること」

にチャレンジ〜

 

まずは、私がすでに習慣にしていることをご紹介します。

〈朝ごはんの習慣〉

・コーヒーを淹れる

プロテインを飲む

・バナナを食べる

〈朝ごはん後の習慣〉

・コーヒーを飲む

・リズム表を書く(1時間刻みの行動と気分を記録するもの)

・手帳を書く

・モーニングルーティンをする(瞑想、アファメーション、理想を思い描く、読書、思い浮かんだことをA4ノート2ページ分書く)

〈お風呂の習慣〉

・出る時に風呂釜を洗い、水気を拭き取る

合気道の習慣〉

・週2〜3回は稽古に行く

 

お気に入りの習慣は、コーヒーを淹れて飲むこと。香りも味も全てが大好き。朝起きるのが苦手な私の救世主です。

リズム表は、精神科の療法の一環としてつけています。時間や出来事による気分の変動が判ります。

モーニングルーティンは、ハル・エルロッド著の「人生を変えるモーニングメソッド」を参考にしています。

合気道の稽古は、週2〜3回行わないと体が鈍ったように感じます。

習慣化して特に良かったのは、プロテイン合気道です。

体重が減り、疲れにくくなり、精神の安定感が増しました。

 

次に、これから習慣化したいことです。

・朝、居間を掃いて拭き掃除をする

・英語の勉強をする

特に英語の勉強が難関で、ただ今試行錯誤中です。意志は当てにならないので、環境を整えよう〜。

 

行動を習慣化するまでにかかる期間は、60日ほどだそうです。およそ2ヶ月ですね。

約2ヶ月後は、4月末。

掃除と英語。

この2つをぜひ習慣化して、自分の見える世界がどう変わるのか(変わらないのかも)、体験したいです。

2024年1月の着物まとめ

着物が大好きな、もくです。

今年は着物コーデを月毎にまとめてみようと思います。

1月はこちら〜

f:id:hatomoku:20240222154616j:image

ツツジ?と御所車のアンティーク訪問着

雉?と花籠の袋帯

f:id:hatomoku:20240222154904j:image

帯留福寿草

f:id:hatomoku:20240222154955j:image

髪には結婚の際、弟から贈られた鼈甲の簪

 

1月は地震や引っ越しなどがあり一度の着用でしたが、満足のいくコーデとなりました。

(ちなみにこの着物は元旦に着たのですが、地震後に余震に備えてすぐ脱ぎました。)

 

ここでちょっと着物と洋服を比べると…

機動性と着脱のし易さは、洋服が圧勝。

保温力と着た時の高揚感は、着物が圧勝。

という感じ。

私は着物を衣服として捉えているので、普段着のレパートリーに入れています。

あと、気合いの入った時のお出かけ着は着物率高しですね。

 

こんな感じで今年も着物生活、楽しんで参ります〜♪